ホーム > ご挨拶/内藤英二

ご挨拶/内藤英二

横浜市港北区医師会 内藤英二 会長
(内藤外科胃腸科医院 院長)

会長 内藤英二

一般社団横浜市港北区医師会
会長 内藤英二

医師会には、区民の皆さんと行政をつなぐ役割があります

皆さんは医師会と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか。医師の政治団体のようにとらえる方もいるかもしれません。しかし、実際の医師会はもっと地域に寄り添い、より良い医療サービスをスムーズに提供できるよう積極的に活動しています。

たとえば、乳幼児健診やがん健診の実施などは行政と調整のうえ医師会会員の医師が行っています。そのほか、一定以上の規模の企業に必要な産業医、予防医学を広めるための公開講座講師なども私たち会員の大切な役割です。私も先ほどまで、区民の介護度を決定する介護認定審査会のために区役所で協議していました。これも医師会としての活動です。

医師会の第一目的は、区民が地域の医療・介護・福祉で困らないようにすることです。そのために行政との関わりは不可欠であり、行政も医師会を通じて現場の状況を把握していきます。お互いの目標は同じです。地域医療の充実のために支え合っています。

港北区休日急患診療所

診察中の内藤先生

開業医の「地域医療に貢献」の気持ちに応えたい

医師会にはもう一つ目的があります。それは会員である医師の皆さんが「地域に貢献できた」と充実感を持てるような環境を整えていくことです。自ら開業する医師の多くは「地域医療に貢献したい」という志を持っています。その思いをしっかり現場の医療につなげなければいけません。

医師会という組織の強みは、さまざまな専門性を持った医院・診療所を取りまとめている点です。会員同士が「顔が見える関係」を構築しているのでお互い専門性を細かく把握しています。近年は紹介ルートに工夫を重ね、適切な専門医を紹介できる診診連携、大きな病院へスムーズにつなげる病診連携が実績を伸ばしてきました。

役割分担を明確にすれば皆さんに早く最適な医療を提供できます。そうすれば先生方にとっても「入会してよかった、貢献できた」というモチベーションにつながります。そのため私たち医師会ができるのは、地域の中規模・大規模病院とのルート確立や、診療所個々の専門性のわかりやすいインフォメーションだと考えています。このサイトも周知活動の一環です。

 

これからは医療プロフェッショナルの結集が必要

さらに地域医療を充実させるためには、職種を超えたつながり強化も必要です。医師だけでなく看護師や理学療法士、介護士などを含んだ多職種でのチーム医療が注目されています。そこで求められるのはプロフェッショナルの力。区民の医療を充実させるだけでなく、若い医療従事者が力を発揮できるようにするのも医師会に必要な活動といえます。

医師会でも若い医師の皆さんから新しい視点をいただいたり、幹部として活躍いただくケースが増えました。港北区の地域医療にとってありがたい傾向です。これからも会員350名という大きな力を生かしていきたいと思います。

ページの先頭へ